山崎賢人、映画『二ノ国』声優初挑戦で苦労も「命を吹き込めたら」

山崎賢人、映画『二ノ国』声優初挑戦で苦労も「命を吹き込めたら」
アニメーション映画『二ノ国』の公開記念舞台あいさつが24日、都内で行われ、山崎賢人新田真剣佑永野芽郁宮野真守津田健次郎坂本真綾、梶裕貴、百瀬義行監督、製作総指揮/原案・脚本の日野晃博が出席した。

本作で声優初挑戦となった山崎賢人。「夢のようなチームで特別な作品になりました。初めて脚本を読んだ時は鳥肌が立ちましたね」と作品に感動したようで、本作のアフレコについては「普段は身体と声、顔や動きでやっていますが、(声優業は)本当にプロフェッショナルな仕事だと思い、すごく難しかったですね」といつもとは異なる表現方法に戸惑ったという。とはいえ、声優の梶裕貴に相談したことでヒントを得たといい、「感情が大事だというお話をされていましたので、思い切って感情で生きている人間に命を吹き込めたらいいなという感覚で一生懸命頑張りました」とやり切った様子だった。

山崎が演じたユウの親友・ハルの声を新田真剣佑が担当。「僕も普段は身体と顔でしかお芝居をしていません。初日が一番役が掴めず難しくて、その日の最後に慣れてきて役に馴染めてきました。前半終わったシーンをもう一度アフレコをし直しました」と徐々に声優業のコツを掴んだという。

劇中でハルの彼女・コトナとエスタバニア王国の"アーシャ"の二役を演じた永野芽郁は「お芝居をすることだったり誰かになりきることは普段やっているのに表現方法が違うとこんなにも難しいんだと改めて痛感しました。難しい世界だと思いましたね」と苦労を語った。「今後も声優業をチャレンジしたい?」という質問には「機会をいただけたらやってみたいですね」(山崎)、「ぜひ皆さんと『二ノ国』のパート2で!」(新田)と意欲的だった山崎と新田。対する永野は「いやいやいや! もう大丈夫です! 本当に恐れ多すぎて…。すごく練習する時間をいただければやりたいんですけど、今の状況ですと(笑)」と否定的だった。

『レイトン』シリーズの日野晃博が製作総指揮・原案・脚本、『おもいでぽろぽろ』原画の百瀬義行が監督、『千と千尋の神隠し』の久石譲が音楽を手掛ける本作。現実の世界(一ノ国)で暮らす高校生の主人公ユウと親友のハルは、2人の幼なじみでハルの彼女・コトナをめぐるある出来事をきっかけに、もう一つの魔法の世界"二ノ国"へと迷い込む。そこは命が繋がっているもう1人の自分が存在する世界。そこでユウとハルは、愛する人の"命"をかけた究極の選択を突きつけられる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山崎賢人 Instagram
  2. 山崎賢人 ドラマ
  3. 山崎賢人 土屋太鳳
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年8月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山崎賢人 + 熱愛」のおすすめ記事

「山崎賢人 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

「山崎賢人 + ドラマ」のおすすめ記事

「山崎賢人 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松坂桃李」のニュース

次に読みたい関連記事「松坂桃李」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。