ソニー「RX100M7」、強力な新機能に見え隠れする“2020年の伏線”

ソニー「RX100M7」、強力な新機能に見え隠れする“2020年の伏線”
高性能ミラーレスや一眼レフに迫る速写性能を持つことで人気を集めるソニーの小型軽量デジカメ「Cyber-shot RX100M6」ですが、機能を強化した兄弟モデル「RX100M7」が早くも登場しました。一瞬のシャッターチャンスを逃さずキャッチするための強力な撮影機能が追加されたことを高く評価する落合カメラマンですが、RX100M7登場の背景には来年の大きな新製品の伏線が張られている……ともニラんでいました。

突き抜ける要素に欠けると感じたRX100M7


RX100M7は、小っちゃなボディに24-200mm相当のズームレンズを搭載する、RX100M6直系の兄弟機である。そう、兄弟だ。まぁ、別に姉妹でも同僚でもかまわんのだけど、ともあれRX100M7をRX100M6の「後継機」として捉える向きはもはや存在しないだろう。なぜなら、RX100シリーズに「後継機」という概念は存在し得ないからである。

理由は簡単。RX100は初代から7代目まですべてのモデルがラインアップされ続けているからだ(M5はM5Aへのマイチェンを経てのラインアップ継続)。RX100シリーズは、縦ではなく横の繋がりで捉えるべき希有なコンデジ軍団なのである。

そんななか、「M6」と「M7」の関係は、「RX100」というくくりの中で見ると、歴代もっともモヤッとしているように感じた。今回「M7」では、「スピード性能」面でソニー製フルサイズミラーレス機のフラッグシップモデル「α9」との共通性を高らかに謳っているのだけど、だからなのかナンなのか、ズバッと突き抜ける要素が逆にぼやけてしまっているように思うのだ。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年9月6日のIT記事
「ソニー「RX100M7」、強力な新機能に見え隠れする“2020年の伏線”」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    気持ち悪い文章と気持ち悪い写真。

    1
  • 匿名さん 通報

    オッサン…^_^;

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。