企業勤めの人におけるパワハラ予備軍は何割?

企業勤めの人におけるパワハラ予備軍は何割?
日本アンガーマネジメント協会はこのほど、「怒りとパワハラの関係性」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は8月22日~23日、企業に勤務する20代~60代の男女420名を対象にインターネットで行われた。

調査によると、自分のしたことが「パワハラに該当するかもしれない」と思った経験がある人の割合は24.3%で、残りの約75%の人が「自分はパワハラをしていない」と考えているとのこと。

そこで、「職場内における言動で、下記の中(パワハラになる可能性がある言動)に該当するようなことをしたことがありますか?」と尋ねたところ、1位の「嫌いな人、反りが合わない人とは口をきかないことがある」(38.1%)に僅差で、「該当するようなことはしたことがない」(37.6%)が2位という結果に。次いで、3位「モノにあたったことがある」(24.8%)、4位「怒ったり、叱ったりする際、相手に言いすぎたかなと思ったことがある」(20.2%)と続き、6割以上の人がパワハラに該当する可能性のある言動をしていることが分かった。

また、職場内におけるパワハラの目撃、あるいは被害経験についても尋ねると、43.1%が「目撃したことがある」、25.2%が「自身が被害に遭ったことがある」と回答。さらにその際、パワハラをしていた人は何かにイライラしていたと思うかを聞くと、84.6%もの人が「イライラしていたと思う」と回答し、イライラや怒りの感情がパワハラを引き起こしている一因である可能性がうかがえた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年9月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら