トヨタが新型「カローラ」発売

記事まとめ

  • トヨタ自動車は「カローラ」をフルモデルチェンジして発売した。
  • 日本市場では海外向けモデルよりも小さいクルマを販売する。
  • 3ナンバーの車になったが、日本仕様では従来型と同等の5mに抑えている。

トヨタが新型「カローラ」発売、日本専用設計で使いやすいサイズに

トヨタが新型「カローラ」発売、日本専用設計で使いやすいサイズに
トヨタ自動車は「カローラ」をフルモデルチェンジして発売した。セダンの「カローラ」は193万6,000円~294万8,000円、ステーションワゴンの「カローラツーリング」は201万3,000円~299万7,500円。先代よりもボディサイズは大型化したが、日本市場では海外向けモデルよりも小さいクルマを販売する。

「カローラ」は12代目で原点回帰


トヨタのカローラは、1966年の誕生以来、これまでに世界で累計4,750万台を販売した同社の看板商品だ。2018年にはハッチバックの「カローラスポーツ」を発売していたが、このほどセダンとステーションワゴンもフルモデルチェンジした。今回の新型はカローラとして12代目のモデルとなる。ちなみに、先代モデルの「カローラアクシオ」(セダン)と「カローラフィールダー」(ステーションワゴン)については、主に法人向け需要に対応するため、グレード設定や一部の装備などを見直して販売を継続するという。

新型カローラのチーフエンジニアを務めたトヨタの上田泰史さんによると、カローラは誕生以来、「顧客の期待を超える」ことで支持を得てきたクルマだったものの、世界的に人気が高まると、期待を超えるよりも「増え続ける需要に対応する」方に力点が移りかけた時代もあったとのこと。今回の新型カローラでは「原点に戻る」ことを目指したそうだ。

カローラはトヨタが世界で販売するグローバルカーだが、日本市場には専用設計のクルマを投入する。具体的に、海外モデルと日本国内モデルで異なる点はボディサイズだ。国内モデルは全長4,495mm(従来型との差は+95mm、海外モデルとの差は-135mm)、全幅1,745mm(同+50mm、-35mm)、全高1,435mm(-25mm、海外モデルとは同じ)、ホイールベース2,640mm(+40mm、-60mm)となっている。

クルマはどんどん大型化している。カローラも例外ではなく、今回の新型でカローラは、いわゆる「3ナンバー」のクルマになった。ただ、日本の道路や駐車場での使いやすさを考えて、トヨタは日本市場向けに専用設計のボディを用意した。最小回転半径についても、新型は従来型と同等の5m(15インチタイヤ装着時。16、17インチは5.3m)に抑えているそうだ。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年9月17日の社会記事
「トヨタが新型「カローラ」発売、日本専用設計で使いやすいサイズに」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    カローラが200万円弱って、もうカローラじゃないでしょう。コンセプトが変わったら車名も変えたほうがいいですよ。それとも古き良き時代を引きずっていたいのですか?

    1
  • 匿名さん 通報

    3ナンバーありきでスタートしてる時点で日本仕様と言われてもね。

    1
  • 匿名さん 通報

    昨日現行ミライースが前の車に追突してる事故を見た。損傷具合からそこそこスピードが出ていた模様。ダイハツの安全装置ってそのレベル。親会社のトヨタも一緒だろうね。

    0
  • 匿名さん 通報

    良い車だと思いますが、タイミング悪し。増税前の登録は…。今までの国内のイメージ戦略を、もっと大切にしていれば、と。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら