テレワーク導入企業における「週に利用0日」の従業員の割合は?

テレワーク導入企業における「週に利用0日」の従業員の割合は?
パーソルプロセス&テクノロジー ワークスイッチコンサルティングはこのほど、「通勤とテレワークに関する実態調査」の結果を明らかにした。同調査は6月28日~7月1日、1都3県で通勤に電車を利用するビジネスパーソンを対象にインターネットで実施したもの。

普段の通勤についてどの程度満足しているか尋ねたところ、39.8%が「まったく満足していない」「あまり満足しいない」、37.3%が「非常に満足」「やや満足」と答えた。通勤時間別に見ると、通勤時間が「60分以上」の層では「不満足」と答えている人が65.8%と、とても高いことがわかった。

現在の通勤時間を短縮するために有効だと思う方法を聞くと、最も多い回答は「職場近くへの引越し」で、2位は「時差出勤」、3位は「テレワーク」だった。

勤務する会社にテレワーク制度が導入されているか尋ねたところ、54.0%が「導入も検討もされていない」と答えた。「制度として導入運用されている」「部分的容認・導入されている」は36.2%となっている。従業員数300名以上の大企業においてもテレワークの導入率は37.9%と低かった。

テレワーク導入企業に勤務する人に普段、週に何日「テレワーク」を実施しているか聞くと、週に「0日」が72.4%で最も多い。週に「1日」は16.6%と低く、週「2日」~「7日」は10.3%で、テレワークが習慣的に活用されていないことがわかった。

テレワークという働き方を選択するうえで期待できる効果を尋ねると、「移動のムダが削減できる」「プライベートの時間が増える」と答える人が多かった。

テレワークという働き方をするうえで、会社に整えてほしいことを聞くと、1位は「利用しやすい雰囲気」、2位は「利用するためのIT環境の整備」だった。制度だけでなく実施しやすい雰囲気や環境の整備が求められていることがわかった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年9月23日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら