伊藤健太郎、主演映画『惡の華』は「僕にとって大きなモノになる」

伊藤健太郎、主演映画『惡の華』は「僕にとって大きなモノになる」
映画『惡の華』の公開記念舞台あいさつが28日、都内で行われ、伊藤健太郎玉城ティナ飯豊まりえ、秋田汐梨、井口昇監督、原作の押見修造が出席した。

前日に公開初日を迎えた映画『惡の華』。公開を記念して行われたこの日の舞台あいさつに、主演の伊藤健太郎はじめ主要キャスト陣と井口昇監督、そして原作の押見修造が登壇した。

クラスの問題児・仲村(玉城)と主従関係を結ぶ主人公の春日を演じた伊藤は「最初に『中学生の役です』と聞いて、これは大変な撮影になるなと思いました。それと同時に今までやったことがない役柄でしたので、最初から僕にとって大きなモノになるなという感じがありました」と自身にとってターニングポイントになる作品だと思ったようで、「それに監督さんから8年間温めてきたという熱いお話をしていただき、それを僕にやらせてもらうと聞いてすごくうれしかったです。プレッシャーよりも良いものを作りたいという気持ちの方が強かったですね」とオファー時の心境を告白。さらに、「最高でしたね。ドキドキしながら見させていただきましたが、僕がやれることは全部やったので、素敵に切り取って編集していただき、素敵な作品になっていました。本当にありがとうございます」と語った。

伊藤が演じる春日を支配しようとする仲村役の玉城は「仲村っていうキャラクターはすでに圧倒的な存在感があって、私が演じることで仲村というキャラクターがプラスになればと思っていました。だから漫画を一番に参考にしましたが、演じる上ではとらわれないようにしようと心掛けました。仲村に出会えて本当に良かったと思っています」と感想を漏らすと、原作者の押見は「仲村佐和は玉城佐和になっていました。それぐらい最高だと思います」と玉城の演技を絶賛した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 伊藤健太郎 Instagram
  2. 伊藤健太郎 ドラマ
  3. 伊藤健太郎 映画
伊藤健太郎のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年9月29日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「伊藤健太郎 + 昼顔」のおすすめ記事

「伊藤健太郎 + 昼顔」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤健太郎 + Instagram」のおすすめ記事

「伊藤健太郎 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「賀来賢人」のニュース

次に読みたい関連記事「賀来賢人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。