Adobe、Creative Cloudアプリが新版に、UX刷新でポータルとして進化

Adobe、Creative Cloudアプリが新版に、UX刷新でポータルとして進化
米Adobeは10月10日 (現地時間)、デザインを刷新した「Creative Cloud」デスクトップ・アプリの新版を発表した。これまでデスクトップ・アプリはPCとCreative CloudのWebサイトを結ぶデスクトップツールのような役割だったが、新版は独立したアプリケーションのように動作し、フルスクリーンに対応する広いスペースで各種アプリケーションを管理しやすく、Webサイトと同じ充実した情報やリソースにアプリからアクセスできる。ポータルと呼べるような存在に進化した。フランスとドイツからロールアウトを開始、11日に日本、数週間をかけて他の国・地域にも拡大していく。

各種アプリケーションのインストール/アンインストール、アップデートの管理をコア機能とする点は従来と同じだが、新しいデスクトップ・アプリでは広いスペースでCreative Cloudアプリケーションを一覧し、より効率的に管理できる。アプリケーションのリストは、デスクトップ/モバイル/Webのタブ、写真やイラストレーションといったカテゴリーを切り替えてフィルターすることが可能。過去のバージョンのブラウズやインストールにも対応する。ヘルプやチュートリアルが統合され、各アプリケーションのページからチュートリアルにアクセスできるほか、新たに設けられたチュートリアル・ハブを通じてCreative Cloudの新しい機能、テクニックやスキルを発見し、使い方を学べる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年10月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら