入社3年未満の若手社員のうち、転職を検討している人の割合は?

入社3年未満の若手社員のうち、転職を検討している人の割合は?
日本能率協会はこのほど、「2019年度 入社半年・2年目 若手社員意識調査」の結果を明らかにした。同調査は8月23日~9月5日、全国の20歳~29歳までの勤続年数が3年未満の若手社員400人を対象にインターネットで実施したもの。

転職に対する考え方について尋ねたところ、「転職することを検討しているが、特に行動していない」(33.5%)が最も多く、「転職することを検討し、近いうちに転職活動を始める予定である」(12.3%)、「現在、転職活動をしている」(3.0%)をあわせると、若手社員の48.8%が転職を検討・活動中であることがわかった。

転職サイトに登録しているか聞くと、46.8%が「登録している」と答えた。転職に対する意向別に見ると、「転職はせず、今の会社に定年まで勤めるつもりである」と回答した60.9%が「登録している」と答えている。

副業・兼業についてどのように思うか聞くと、28.0%が「すでに副業・兼業をしている」と回答した。54.3%は「興味はあるが、現在副業や兼業はしていない」と答えている。転職に対する意向と、副業・兼業への考えの関係を見たところ、「転職はせず、今の会社に定年まで勤めるつもり」(50.6%)が「副業・兼業をしている」と答えた。

副業・兼業に興味ある人とすでに行っている人にその理由を聞くと、「収入を上げるため」(58.7%)が最も多かった。次いで、「複数の収入源を持っておきたいため」(38.0%)、「キャリアの幅を広げるため」(24.3%)と続いている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年10月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら