将来の認知症治療薬・予防薬開発に向けたコホート研究が日本で開始

将来の認知症治療薬・予防薬開発に向けたコホート研究が日本で開始
東京大学(東大)は10月31日、認知症の治療薬・予防薬を早期に実用化することを目指し、認知症のプレクリニカル期・プロドローマル期の研究への参加者をオンライン上で募集するプロジェクト「トライアルレディコホート(J-TRC、ジェイ・トラック)構築研究」を開始したことを発表した。

日本の認知症患者は500万人を超す規模とされ、そのうちの約7割がアルツハイマー病とされている。こうした認知症患者は年々増加傾向にある一方で、その治療のための薬剤は症候改善薬がほとんどであり、疾病の進行そのものを止めることができない。また、根本治療に向けた研究開発も進められているものの、認知機能の障害が明らかになった段階では、神経細胞の変性・脱落を食い止めることが困難で、治療の効果が得にくいことが分かってきており、認知症の症状がまだないが病理変化が始まっている「プレクリニカル期」、または症状が経度認知障害レベルの「プロドローマル期」での研究が重要と言われるようになってきた一方、そうした自覚症状などがほぼないような人を臨床研究・治験参加者として多く集める最適な方法を構築することが難しく、具体的な動きになかなか結びつけることができてこなかった。

今回の研究プロジェクトでは、東大大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 神経病理学分野の岩坪威 教授を研究代表者に据え、インターネットを活用して、そうした軽度認知障害(プロドローマル期)よりも前段階のプレクリニカル期の可能性がある人を募集した人の中から探り出し、医師などの指導を交えた医療研究機関での研究を行い、希望する人にはさらに条件に合った治療薬・予防薬の治験の情報を提供したり、実際に治験への参加を支援するといったことを行っていくことで、早期の認知症予防に向けた取り組みの効果の判定を目指す。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年10月31日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。