ライカ「SL2」実機チェック 操作性を改善、高感度画質も満足

ライカ「SL2」実機チェック 操作性を改善、高感度画質も満足
ライカカメラジャパンが11月下旬に発売するフルサイズミラーレスカメラの新モデル「ライカSL2」のお披露目イベントが、11月13日にライカ銀座店で開催されました。会場には多数のSL2が並び、自由に撮影を試すことができました。SL2がどのようなカメラなのかを早速チェックしてみました。

SL2は、2015年に発売した「ライカSL」の後継モデル。フルサイズCMOSセンサーを4700万画素の高画素版に置き換えたほか、ボディ内手ぶれ補正機構を新たに搭載するなど、大幅な改良が施されています。希望小売価格は税別81万円となっています。

SL2を手にすると、日本メーカーのカメラに比べるとシンプルなデザインで、質実剛健なドイツの工業製品といったイメージを抱きます。外観は一見するとSLによく似ていますが、細かい部分がブラッシュアップされ、使いやすさが高まったと感じました。グリップは、これまでなかったくぼみが設けられ、重めのレンズを装着した際もしっかりホールドしやすくなっています。

上面と背面に2つのダイヤルがあるのはこれまでと同じで、特に上面のダイヤルは大きくてとても回しやすいと感じます。さまざまな機能を割り当てられるファンクションボタンの数が増えたことで、使いやすさの向上に磨きがかかっていました。

ライカのデジタルカメラは高精細なEVF(電子ビューファインダー)を搭載していることでも知られますが、SL2は576万ドットの高精細なEVFを搭載。見え方も非常にクリアでした。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年11月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。