夫婦の家事負担の差はどれくらい? ピジョンが"チーム育児"に関する調査を発表

夫婦の家事負担の差はどれくらい? ピジョンが"チーム育児"に関する調査を発表
ピジョンは11月14日、「チーム育児に関する調査」結果を発表。調査は10月、1才未満の子を持つ核家族の30代男女200名を対象に、同社運営の『ピジョン 育児イマLABO』によるWebアンケートにて行われた。

夫婦で互いのキャリアや、やりたいことなどを共有・尊重しあい、家事・育児の分担も行う。また、夫婦だけでは厳しいことは、家族の手助けや各種サービスもフル活用し、自分達らしい育児を行えている家庭の総称を、同社は「チーム育児」と定義している。

はじめに、家事20項目について「夫婦のどちらが主に担当していますか」と聞いたところ、家庭内での家事負担個数は、妻が平均12.07個であるのに対し、夫はわずか1.98個という結果に。この結果から、妻と夫の家事負担数の個数差が3個以内の家庭を「チーム育児」と仮定した場合、9割もの家庭が「チーム育児」ができていないことがわかった。

また、家事20項目において、夫が担当していた割合が多かったのは、「お皿洗い」(54.2%)と「子どものお風呂」(ともに54.2%)、「ネットでの買い物」(50.0%)、「家の掃除」(41.7%)だった。

次に、妻に「旦那さんに本当はお願いしたい育児」を教えてもらったところ、1位「子どもの寝かしつけ」(33.0%)、2位「掃除」(21.0%)、3位「皿洗い」(20.0%)という結果に。一方、夫が「現在はやっていないけれど今後やってあげたい育児」としては、1位「子どもの寝かしつけ」(30.0%)、2位「子どもの歯磨き」(23.0%)、3位「食事の準備 朝/夜」(21.0%)となり、いずれも1位の「子どもの寝かしつけ」に関して意見が合致していることが判明。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。