0円~5千万円!? 弁護士の平均年収は?

0円~5千万円!? 弁護士の平均年収は?
MS-Japanは11月29日、弁護士の年収に関する調査結果を発表した。調査は2019年1月~10月、同社運営の人材紹介事業に登録した弁護士資格保有者の年収データを調査・集計した。

2019年データを集計したところ、弁護士の平均年収は739万円。2015年調査の760万円から21万円の減となった。

平均年収がアップしている年代は、29歳以下(2019年632万円、2015年597万円)、40~44歳(同897万円、854万円)、45歳以上(同1,077万円、923万円)という結果に。一方、平均年収がダウンしている年代は、30~34歳(同692万円、701万円)、35~39歳(同751万円、882万円)と、働き盛りの30代で年収が大幅に下がっていることがわかった。

全体的に見ると、最低年収が0円という人の大半は離職者であり、また、事務所規模によって得られる年収に差が見られるなど、収入格差が2015年に比べて広がっているよう。特に、若くして年収1000万円以上の収入を得ている人は、その多くが、5大法律事務所または上場企業にてリーダー以上の地位に就いていることがわかった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。