ビューソニック、約1.77mで100型投映できる短焦点4Kプロジェクター

ビューソニック、約1.77mで100型投映できる短焦点4Kプロジェクター
ビューソニックジャパンは、約1.77mの距離から100型の映像を投写できる、4K/HDR対応の短焦点DLPプロジェクター「X10-4K」を12月19日に発売する。価格はオープンで、店頭価格は税込16万円前後を見込む。

4K(3,840×2,160ドット)解像度とHDR信号に対応。0.47型のDMDチップとレンズ(ズーム固定)を備え、投写できる画面サイズは30~200型で、台形補正機能は垂直±40度に対応する。光学システムには高品質なガラスを使い、優れた画像品質を保証するという。映像再生用にフレーム補間技術を採用し、モーションブラーを低減する。

光源にはRGBB(赤、緑、青、青)のLED光源を使い、輝度と彩度を効率的に高める技術を採用。明るさは2,400ルーメンで、「2,000ANSIルーメンのランプベースのプロジェクターと同等の視覚体験を可能にする」という。光源寿命は最大30,000時間。Eye Protection機能により、レンズに物体が近づくと自動で投写光の電力を遮断する。

Harman Kardonのデュアルスピーカー(8W×2ch)を搭載して「映画やミュージックビデオ、ライブコンサートの視聴など、あらゆる場面で、劇場にいるような没入感のある、パワフルでクリアなサウンドを提供する」としている。

本体には2GBのメモリと16GBのストレージメモリ、4つのコアプロセッサを搭載し、5GHzのWi-FiとBluetooth機能も備える。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。