360度の全方位撮影が可能なネットワークカメラ「スマカメ360」

360度の全方位撮影が可能なネットワークカメラ「スマカメ360」
プラネックスコミュニケーションズは12月16日、魚眼レンズを内蔵して360度の全方位撮影が可能なネットワークカメラ「スマカメ360 天井タイプ(CS-QV360C)」を発表した。PoE受電対応なので、LANケーブル1本を接続するだけで電源供給も行える。価格はオープンで、予想実売価格は税込み2万4000円前後。12月16日より発売する。

スマートフォンで簡単に設定できるネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの新モデル。魚眼レンズを内蔵しており、360度の全方位撮影が可能となっている。撮影した映像は、アプリ「スマカメV」で360度、4分割、2分割の3パターンでの表示が可能。ゆがみ補正機能も備えるので、魚眼レンズ特有のゆがみを補正して違和感のない状態で表示する。

撮像素子はソニー製の1/2.9インチCMOSセンサー「IMX323」を搭載。月明かりほどの光でもカラーで撮影できる。レンズのF値は2.3。撮影解像度は1,920×1,080ドット / 15fpsとなる。

コーデックはH.265を使用し、H.264よりも圧縮率が向上。記録メディアにはmicroSDメモリーカードを使用する。インタフェースは有線LAN×1基で、PoE受電対応なのでLANケーブルからの電源供給が行える。本体サイズは直径137mm×54mm、重さは約191g。

本体単体モデル以外に、PoE対応スイッチ「SWE-0008F5」をセットにした「CS-QV360C-IMP」(実売価格は税込み4万7,000円)、PoEインジェクター「ING-ADE3AT2」をセットにした「CS-QV360C-ING」(実売価格は税込み3万2000円)も用意する。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。