林家木久扇、成海璃子は「横顔がキツそう(笑)」 妻役に太鼓判

林家木久扇、成海璃子は「横顔がキツそう(笑)」 妻役に太鼓判
       
落語家の林家木久扇が9日、BS日テレのドラマ『BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵~おバカのスーパースター~』(11日19:00~20:54)の取材に応じ、若き頃の自身とその妻を演じる柄本時生成海璃子の印象を語った。

不動の“おバカキャラ”を貫き、異彩を放ち続ける林家木久扇の知られざる原点を描く同ドラマ。自分の人生をドラマで見て、木久扇は「思い付きで生きてきたなと思っていまして、『ああ、こんなことしてたんだ』ってビックリしましたね。バカだなってつくづく思いました」と自虐しながら、柄本が見せた落語について「落語って、楽屋で自分の気持ちを楽にして、それから“ポン”と 乗ると結構やりやすいんですね。やらなくちゃやらなくちゃ、と思うとすごくこわばったものになる。柄本さんはそこを上手くやり抜けてた」と評価する。

成海については「とてもきれいな方なんですけれども、横顔がキツそうなんですよね(笑)。私のおかみさんもすぐに怒る人で。きれだけど“ウワッ”ていう感じが…似ていると感じました」と太鼓判。成海は、そんな木久扇の妻を演じて「次々起こる予想外の出来事にもたじろがない、すごい人だなと思いました。だから強くきびきびしたイメージで演じさせていただきました」と振り返った。

木久扇は、自分の結婚式を抜け出してしまったことがあり、戻った際に妻から「どこ行ってたのよと。みんな怒って帰っちゃったわよ」と怒られたエピソードを紹介。成海は「私だったら怒り狂って帰っちゃいます(笑)」と、あらためて器の大きさに感心していた。

行きあたりばったりで破天荒な人生を送ってきた木久扇のドラマを描くだけあって、サブタイトルは「おバカのスーパースター」だが、これに対する印象を本人に聞くと「『バカ』じゃなくて、『お』が付いてるんですね。これ、尊敬されてるんだなって」と前向きに捉えている様子。「『バカ』を前面に出して、自分の役柄にしたっていうのは、すごく先見の明があったと思っています。『おバカ』というのは気に入っているんです」とご満悦の様子だった。
林家木久扇のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「林家木久扇 + ラーメン」のおすすめ記事

「林家木久扇 + ラーメン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岩本恭生」のニュース

次に読みたい関連記事「岩本恭生」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小西博之」のニュース

次に読みたい関連記事「小西博之」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 林家木久扇 ラーメン

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。