パナソニックの新規事業から生まれたユニーク家電たち - CES 2020

パナソニックの新規事業から生まれたユニーク家電たち - CES 2020
パナソニックは、米ラスベガスで開催されたCES 2020において、メイン会場のラスベガスコンベンションセンター(LVCC)への出展のほかに、Tech Westエリアの中心となるSands Expoに90平方メートルの展示スペースを確保。同社で新規事業創出に取り組むShiftall、100BANCHとともに出展した。

ここ数年のCESでパナソニックは、Sands Expoの2階フロアで新事業創出プロジェクトが生んだ製品や技術の展示を行っている。2019年は45平方メートルだったものを、2020年は90平方メートルへと展示規模を倍増。さらに会場の出入り口に近い場所を確保し、例年よりも力が入っていた。

パナソニックの津賀一宏社長は、「LVCC(ラスベガスコンベンションセンター)のセントラルホールを中心としたメインエリアは、大企業の出展が中心であり、悪くいえば、例年と代わり映えがしない。だが、Sands Expoには、数多くのスタートアップ企業が出展し、その活性ぶり、発展ぶりには目を見張るものがある」と語り、「パナソニックもメインエリアとは別に、Sands Expoにブースを構え、100BANCHIの取り組みなどを紹介している。来場者にとって、大企業とスタートアップ企業の対比がどう映るかが気になる」などと、津賀社長自ら注目した展示内容となった。

Sands Expoのパナソニックブース


パナソニック ライフソリューションズ社による真空断熱ガラス「Glavenir」は、内部を真空状態にすることにより、断熱性能を兼ね備えたガラスを実現。0.1mmの真空層によって最小限の薄さで高い断熱性能を持つ。外気温度からディスプレイを保護できるため、モビリティでの利用や、住宅やオフィス、商業施設などにおいて、新たな空間価値を提案可能としている。会場では、透明なディスプレイと組み合わせて、屋外でも使える提案を行っていた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。