大沢たかお「日本の映画は負けそうなくらいしんどい」  映画界の状況に抗う心境を吐露

記事まとめ

  • 大沢たかおが『AI崩壊』のジャパンプレミアに登壇。
  • 映画界の中で「日本の映画は負けそうなくらいしんどい」と心境を吐露。
  • 「厳しい言葉をいただきながらがんばっていきたい」と意気込んだ。

【動画】大沢たかお、「日本の映画は負けそう」 状況に抗う心境を吐露

【動画】大沢たかお、「日本の映画は負けそう」 状況に抗う心境を吐露
映画『AI崩壊』(1月31日公開)のジャパンプレミアが14日に都内で行われ、大沢たかお賀来賢人岩田剛典広瀬アリス芦名星玉城ティナ松嶋菜々子三浦友和、入江悠監督、AIが登場した。

同作は2030年を舞台に、天才科学者・桐生浩介(大沢)が開発したAIが突如として暴走し、日本中がパニックに陥る様子を描く。年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴などの国民の個人情報を完全に掌握したAIが人間の生きる価値を選別し、殺戮を始める。

イベント冒頭には、主題歌を歌うAIも登場し、素晴らしい歌声を披露しつつも「AIで『AI崩壊』って信じられます!?」と苦笑。AIがあたためたステージからキャスト陣が登場しレッドカーペットを歩くと、観客も歓声で迎えた。

5度目の共演で夫婦役となった大沢と松嶋だが、松嶋は「何年かおきくらいに共演してるので、いつも『久しぶり』と言いながらお話しさせていただいて。夫婦役って、シーン数が少ない中で関係ができあがってるところから演じなければいけないので本来難しいものだと思うんですど、何度かご一緒しているので、気心が知れている中、いい緊張感を保ったままできた」と振り返る。

大沢も「夫婦の姿がずっとこの映画の根底に流れているので、これまでの共演の集大成が出せればいいなと思って。現場でも『大切なシーンだから』と前もって話したんですけど、『そんなのわかってるわよ』くらいで」と松嶋をからかいながら、「でも、それくらい気合いが入って。緊張して寝れなかったくらい」と述懐。しかしそんな2人を見ていつの間にか賀来が姿を消したようで、賀来は「2人の豪華なやりとりがあって、僕はどうしたらいいんですかって状況」と説明していた。

あわせて読みたい

大沢たかおのプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【動画】大沢たかお、「日本の映画は負けそう」 状況に抗う心境を吐露」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    権力者の顔色ばっか窺ってるような腰抜け業界に未来があるとは思えない

    0
  • 匿名さん 通報

    ”負けそう”じゃなくて、実際に負けてる…。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「満島真之介」のニュース

次に読みたい関連記事「満島真之介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大泉洋」のニュース

次に読みたい関連記事「大泉洋」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大沢たかお 広瀬香美

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。