富士通 従業員向け「がん教育」で早期発見・治療を促進

記事まとめ

  • 富士通は従業員を対象とした健康教育を開始する。
  • 初回は、講義とe-Learningでがん教育を実施する。
  • 早期発見・早期治療のためのがん検診受診率向上を図る。

富士通、従業員の健康意識向上に向けた大規模な「がん教育」を実施

富士通、従業員の健康意識向上に向けた大規模な「がん教育」を実施
富士通は15日、従業員の健康への意識や維持・増進に向けた知識の向上を図るため、国内グループ従業員7万人を対象とした健康教育を開始することを発表した。

初回は、就労者における発症者数が増加しているがんに着目し、東京大学医学部附属病院放射線科の中川恵一准教授の協力のもと、「がん予防と、治療と仕事の両立支援」をテーマとした講義とe-Learningを組み合わせたがん教育を、2020年1月より実施するという。

主な内容は、がんの基礎知識やがん予防につながる生活習慣、早期発見・早期治療のためのがん検診の重要性、そして仕事とがん治療の両立支援——ということだ。

これにより、同社従業員のがんに対する正しい知識の習得を促し、がんの予防につながる生活習慣の改善や、早期発見・早期治療のためのがん検診受診率向上を図るとしている。

同社は今後もグループの健康課題に対応した、従業員の健康意識や健康維持・増進のための知識を向上させるための健康教育を、年1回実施していく計画だという。

なお、今回のがん教育に使用した教材については、「がん対策推進企業アクション」を通じて、公開を予定しているということだ。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。