世界初! アメリカの人気ビール「ブルックリン・ブルワリー」の店舗がOPEN

世界初! アメリカの人気ビール「ブルックリン・ブルワリー」の店舗がOPEN
アメリカの代表的なクラフトビールメーカー「ブルックリン・ブルワリー」の世界初となるフラッグシップ店「B(ビー)」が2月1日、東京・日本橋にオープンする。これに先立ち、店舗でブルックリンブルワリー・ジャパン社が「2020年戦略発表会」を実施。店舗の詳細が明らかになり、人気のクラフトビールやメニューが紹介された。

クラフトビール人気は継続


「ブルックリン・ブルワリー」は1988年にニューヨークのブルックリン地区で設立され、世界で人気を博しているクラフトビールメーカーだ。日本では、2017年にブルックリン・ブルワリーとキリンビールの共同出資によってブルックリンブルワリー・ジャパンが設立され、全国販売を開始した。


発表会では、最初にキリンビールの布施孝之社長が登壇。2014年から力を入れてきたクラフトビール事業について振り返り、「クラフトビールは若者を中心に注目が集まっていて、徐々に定着しつつある。ビール市場自体は残念ながら縮小傾向にあるが、クラフトビールは大幅な成長を継続している」と述べた。

ビール類全体の販売量は2013年から2018年にかけて10%減少している一方で、クラフトビールは2倍に増加。クラフトビールを楽しめるお店は全国で急増し、飲用経験のある客も増えていることから、今後もビール市場を活性化する存在になりえると期待されている。

続いて登壇したブルックリンブルワリー・ジャパンの平岡敬規社長は、ブルックリンブランドの成長スピードが飛躍的に伸びているとし、その理由について「"BEER×MUSIC"や"BEER×ART"など、ビールをさまざまな文化と融合させたことで、間口を拡大してきた。飲用者の70%以上は20~30代で、これまでのビールユーザーよりも若いことが特徴だ」と話す。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。