VRで自動車開発の効率化を目指すパナソニック

VRで自動車開発の効率化を目指すパナソニック
従来、自動車開発におけるシミュレーションといえば、車載機器の熱や電磁ノイズの影響を把握するためのものであったり、空力解析であったりとハードウェア的な性能を推し量るためのものが多かった。しかし、そうしたシミュレーションでは、機能が要求された性能を発揮できるかか否か、という課題は解決できるものの、ボタンやタッチパネルの操作性といったユーザーの使い勝手、いわゆるソフト面の確認についてを把握することが難しく、実物がある程度の形となって出来上がってから確認する必要があり手戻りの遠因となるなど課題があった。

そこでパナソニックは、これまでのさまざまな機能を有する製品が価値を生み出すだけではなく、それを取り巻く周辺の環境や状況まで含めたユーザーエクスペリエンス(UX)が重要になってくるという発想のもと、次世代の自動車向けコックピット開発の効率向上を目指した取り組みを進めてきた。

その成果の1つが2019年秋にアナウンスされた自動車用コックピットのHMI開発を仮想空間で検証することで手戻りを減らすことを可能にするVRシミュレータである。

パナソニック オートモーティブ社でディスプレイビジネスユニット 第三商品部 総括担当の遠藤正夫氏は、「いまだにユーザーインタフェース(UI)のデザインなどは平面の画像を見て決めていくことが多く、事前にクルマの中に据え付けるとどのような印象になるのか、といった確認も困難。これを空間的、つまりクルマ全体をシミュレーションできる環境を構築することで、実際にモックなどを作る前に、操作性やデザインの課題などの検証が可能となり、結果として手戻りが減り、開発効率を向上することにつなげられるようになった」と、今回の成果を説明する。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。