2019年の女性の平均年収は345万円 - 最も高い職種は?

2019年の女性の平均年収は345万円 - 最も高い職種は?
「doda(デューダ)」(パーソルキャリア運営)は2月10日、女性の平均年収ランキング2019」を発表した。同ランキングは、2018年9月~2019年8月にかけて、dodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータから、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの平均年収をもとに、女性の平均年収を職種別、年代・年齢別、都道府県・エリア別にまとめたもの。

1位「投資銀行業務」、平均年収693万円


2019年の女性の平均年収は345万円となった。職種別にみると、「投資銀行業務(金融系専門職)」が693万円で1位。以下、2位「リスクコンサルタント(コンサルタント・専門事務所・監査法人専門職)」(591万円)、3位「戦略・経営コンサルタント(コンサルタント・専門事務所・監査法人専門職)」(576万円)、4位「MR(営業職)」(566万円)、5位「知的財産・特許(企画・管理職)」(558万円)と続いた。

トップ10のうち、最も多い職種は「コンサルタント・専門事務所・監査法人専門職」で3職種がランクイン。また、21位にランクインした「医薬品開発薬事(メディカル・化学・食品系エンジニア)」は、全167職種中唯一、女性の平均年収が総合版の平均年収を上回った。

年代別では、20代の平均年収が319万円、30代が375万円、40代が401万円、50代以上が428万円となった。

都道府県・エリア別では、北海道・東北エリアの平均年収が307万円、関東エリアが363万円、東海エリアが326万円、北信越エリアが312万円、関西エリアが326万円、中国・四国エリアが311万円、九州・沖縄エリアが310万円との結果に。また、年収400万~500万円の層の割合が20%に達した都道府県は東京都のみだった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。