「生活費が安い街」ランキング 1位は東京都赤羽に

記事まとめ

  • 「なんでも街ランキング」が発表された。
  • 「生活費が安い街」は東京都「赤羽」が1位だった。
  • 「子育てしやすい街」は千葉県「流山おおたかの森」が1位となった。

首都圏の「生活費が安い街」「子育てしやすい街」ランキング、1位は?

首都圏の「生活費が安い街」「子育てしやすい街」ランキング、1位は?
LIFULLは2月18日、「なんでも街ランキング」を発表した。同ランキングは、首都圏在住の18~74歳の男女7万人を対象に調査を実施し得た回答を、実際の都府県×性×年代の人口構成比に合わせ回収し集計したもの。調査期間は2019年11月29日~12月3日。

「なんでも街ランキング」とは、さまざまなテーマに対し、単なるイメージではなく実際に知っている(足を運んだことのある)街の中から思い浮かぶ街を答えてもらい、ランキング化したもの。

「生活費が安い街」ランキング首都圏版(東京都神奈川県千葉県埼玉県)は、1位「赤羽/東京都」(1,969点)、2位「北千住/東京都」(1,741点)、3位「小岩/東京都」(617点)という結果に。特に、「赤羽」と「北千住」は、3位以下に大差をつけての上位獲得となった。

赤羽は、「生活費」以外にも「新参者」「昼呑み」「シニア」でそれぞれ最上位にランキングしていることから、「楽しく安心して暮らせる」というイメージが強いエリアのよう。また、北千住、小岩、蒲田、十条、巣鴨などについては、駅前に大きな商店街があって飲食店や日用品の物販店が多いことから、生活コストが抑えられるイメージに直結していることが伺えた。

「子育てしやすい街」ランキング首都圏版の結果は、1位「流山おおたかの森/千葉県」(157点)、2位「武蔵小杉/神奈川県」(123点)、3位「二子玉川/東京都」(107点)、4位「浦和/埼玉県」(104点)と、一都三県がそれぞれ上位にランクイン。いずれも首都圏の近郊~郊外に位置し、駅の周囲が大規模開発されているエリアであることから、子育て世帯には、生活利便性と居住快適性のバランスが整ったエリアの人気が高いことが伺える結果となった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「首都圏の「生活費が安い街」「子育てしやすい街」ランキング、1位は?」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    07:16次の総選挙でも安倍政権続投ですよ。だって代わりがいないからね←こいつが一番の馬鹿(笑)。代わりがいるいない以前の問題なんだよ。安倍は国民を騙してる犯罪者なんだぞ。牢屋にぶちこむのが筋。

    1
  • 匿名さん 通報

     09:01↓こいつのように人様に馬鹿という奴が一番の馬鹿(笑)代わりがいるいないが最大の理由←一番の馬鹿は、お前ら自民党ネトサポだろ(笑)。安倍と同じで、卑怯な工作ばかりやってるなよ!屑が!

    1
  • 匿名さん 通報

    新型肺炎に対する今の政府の杜撰な対応を見ていると、東日本大震災の時に自民党が与党じゃなくて本当に良かった!

    1
  • 匿名さん 通報

    しかし、副業しなきゃ生活できない日本って、何なんだよ。安倍は本当に無能だよ。鳩ぽっぽの民主党時代の方が、間違いなく日本は良かったよ。←東大出の鳩ぽっぽと三流大学出の安倍の違いだね。

    1
  • 匿名さん 通報

    ヤラセの安倍といや、本当に何の成果、実績もない。結局、目玉政策のアベノミクスも尻切れトンボの失敗に終わったし、国民の血税はネコババ、今回の消費税増税と、庶民にとってはデメリットしかない駄目政権だったね

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。