ニコン「Z 50」濃厚レビュー後編 アバタはエクボになり得るか?

ニコン「Z 50」濃厚レビュー後編 アバタはエクボになり得るか?
前回の「小ささと充実性能の好バランスに悶絶」に続き、今回も落合カメラマンが「2019年で個人的に一番インパクトがあったカメラ」と評価したニコンのAPS-Cミラーレス「Z 50」を濃厚にレビューしてもらいました。大きく見やすいEVFや、見た目こそ安っぽいが描写性能は一級品のキットレンズを高く評価している落合カメラマンですが、センサーまわりの仕様にはひとこと言いたいことがあるようです。

「センサーのゴミ」が2台買いに走らせた


ついつい(?)2台買いをしてしまったZ 50なのだけど、実は最初から2台買っていたわけではなく、まずは発売日にダブルズームキットを入手し、もう1台のボディはおよそ1カ月後に追加するという流れだった。インプレ記事を書くために初めて使った時から、漠然と「Z 50、2台欲しいかもぉ。それぞれにキットレンズをつけっぱなしにするためにっ!」なんてことを思っていたのは確か。でも、実際にそういう「バッカじゃね」なんてことを世間様からいわれかねない世界に足を踏み入れるのには、さすがの私にも躊躇があったのだ。

それでも、結局2台目に手を出したのは、使い始めてすぐに「出先でレンズ交換したくねー」と思うようになったから。センサーに付着するゴミが思ったよりも目立つことに気づいたのだ。Z 6やZ 7は、ゴミが気になることはなかった。でも、Z 50は使い込むに従いゴミの写り込みが多いことを意識せざるを得なくなっている。個人的には、この点がZ 50最大の弱点であると認識。絞り込まなきゃ気づかないけれど、一度気づくとどんどん見えてくるのがセンサーのゴミ。Z 50にゴミ取り機能が備わらないのが原因であるような気もしている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ニコン「Z 50」濃厚レビュー後編 アバタはエクボになり得るか?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    たしかにゴミは目立つけど掃除すればいい話じゃない?わざわざ2台買わんでも。ミラーレスはどれもゴミ問題を抱えてるし。

    1
この記事にコメントする

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。