吉沢亮のキャラ付けに、監督が反省?「日本アカデミー俳優なのに…」

吉沢亮のキャラ付けに、監督が反省?「日本アカデミー俳優なのに…」
映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の大ヒット祈願ミサが10日に都内で行われ、広瀬すず吉沢亮堤真一、浜崎慎治監督が登場した。

同作は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけ数々の賞を受賞、映画『ジャッジ!』で脚本も務めた澤本のオリジナル作。大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社の社長である父親の計(堤真一)と二人暮らしだが、ある日「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、会社乗っ取り計画の犯人を炙り出そうとする計が七瀬の前におばけとなって現れる。七瀬は計、そして計の会社の社員で、”ゴースト”と呼ばれている存在感の薄い松岡(吉沢亮)とともに事態の解決に乗り出し、思いもよらぬ展開になってしまう。

珍しく、チャペルでの"ミサ"という形になった大ヒット祈願に、吉沢は「こういう場に慣れてないので、牧師さんの言葉が素敵すぎて、このアフタートークいらねーんじゃないかくらい説明してくれた」と驚く。「『そんな深い意味がこもってたのか、この映画は』って。やってるときはただただばかばかしい映画だと思ってたんですけど」と苦笑しつつ、「『未来は死んでみないとわからない』という言葉が『お、深い』と思いました」と振り返った。

今回"ゴースト"と呼ばれるキャラクターを演じた吉沢に、「浜崎監督は、『吉沢さんがこんだけ存在感なくていいのかというのを後で心配になるくらい』」と反省。吉沢が6日に第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞に輝いたことから、「日本アカデミー俳優をここまで存在感なく撮ってしまったことは良かったのか……」と周囲を笑わせる。

また、堤は裏話として「僕、実はある方とキスシーンがあるんです。そこはほとんど、監督ではなくリリー・フランキーさんの演出です。なんかこだわってこだわって、出番終わって帰ればいいのに『この角度、ここからいった方がいいですね』とか」と暴露する。浜崎監督も「『舌は入れなくていいのか』とか、ものすごい細かいディレクションが入りましたね」と同意していた。

あわせて読みたい

吉沢亮のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「吉沢亮 + 銀魂」のおすすめ記事

「吉沢亮 + 銀魂」のおすすめ記事をもっと見る

「吉沢亮 + Instagram」のおすすめ記事

「吉沢亮 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「橋本愛」のニュース

次に読みたい関連記事「橋本愛」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 吉沢亮 Instagram
  2. 吉沢亮 ドラマ
  3. 吉沢亮 仮面ライダー

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。