もっちもちな忍者めし「伊賀ライスムージー」は美味しくて腹持ち抜群

もっちもちな忍者めし「伊賀ライスムージー」は美味しくて腹持ち抜群
三重県伊賀市といえば、"忍者の里"として知られているが、豊かな自然や古来からの文化、食材など、たくさんの魅力があるという。そんな三重県伊賀市の魅力をより広く知ってもらおうと、"世界一おいしい忍者メシ"「伊賀ライスムージー」と「なまもちぷりん」が登場した。

今までのスムージーとは違う"もちもち感"


これは、伊賀の魅力を伝えるプログラム「伊賀忍道」を実施している「忍びの里 伊賀」創生プロジェクトと、3月9日に中目黒にオープンした"誰にとっても境界線のないオープンな場所・拠点"をコンセプトとした複合型プラットフォームスペース「OPEN NAKAMEGURO(オープンナカメグロ)」が共同開発した特別メニュー。伊賀の原風景を美味しい食材を通して発信しようというものだ。

伊賀産のもち米を使用した、新食感のスムージー「伊賀ライスムージー」は、プレーン(税別500円)、ほうれん草、バナナ(各税別550円)の3種類。飲んでみると、通常のスムージーと明らかに違う、もっちもちで強めな粘度がある。開発にあたっては、このもちもち感を出すのに苦心したそうで、もち米を牛乳で炊いてからミキサーにかけきび糖を加えて作られている。さすがに飲み応え満点で腹持ちもよく、これ1つで十分食事の代わりになりそうだ。特にバナナが程よい甘みとフレーバーで美味しく、ホッと落ち着く味に感じられた。

"芭蕉こんにゃく"を使った「なまもちぷりん」


もう1つは「なまもちぷりん」(税別350円)。こちらももち米が使われている。弾力があってねっとりとしており、プリンというよりもババロアっぽい舌触りがした。中には細かくカットされたこんにゃくが結構多く入っていて、食べるごとにシャクシャクとした食感がすごく良いアクセントになっていた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。