佐野正弘のケータイ業界情報局 第20回 ソフトバンクの5G端末、Xperiaを見送って中国メーカーを増やしたワケ

佐野正弘のケータイ業界情報局 第20回 ソフトバンクの5G端末、Xperiaを見送って中国メーカーを増やしたワケ
ソフトバンクは3月5日にオンラインで発表会を実施し、 5Gの商用サービス開始を正式に発表しました。ですが、5Gに対応するスマートフォンのラインアップを見ると、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1 II」がなく、中国メーカーの端末を多く採用するなど、ラインアップの傾向が従来と大きく変わっているように見えます。なぜでしょうか。

5Gラインアップの半数が中国メーカー製


かねてより、2020年3月末に5Gの商用サービスを開始すると打ち出していたソフトバンクですが、3月5日に開いた発表会で、宣言通り3月27日より5Gの商用サービスを開始することを発表。大手3社の先陣を切って、5Gのサービス開始をアピールしました。

あいにく新型コロナウイルスの影響で、発表会はオンラインのみで実施される形となりましたが、そこで発表された内容は大きく3つありました。1つは、5G時代のコンテンツ配信サービス「5G LAB」の提供。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術を活用したアイドルやスポーツの映像配信や、クラウドゲームサービスの「GeForce NOW」などを提供するとしています。

2つ目は料金です。5Gによるデータ通信を利用するには、2月に提供を開始した「メリハリプラン」など4G向けの料金プランに、月額1,000円の「5G基本料」をプラスする形になります。ただし、2020年8月末までに契約した人は2年間、5G基本料が無料になる施策が実施されるため、当面は4Gと同じ料金で5Gが利用できるようです。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日のIT記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。