ドコモが軽量MRグラス「Magic Leap 1」5月以降発売 - ゴジラXRコンテンツも

ドコモが軽量MRグラス「Magic Leap 1」5月以降発売 - ゴジラXRコンテンツも
NTTドコモは、Magic Leap製の軽量なウェアラブルヘッドセット「Magic Leap 1」を5月以降に発売する。VR/AR/MRといった先端技術を活用する個人のXRコンテンツクリエイターや法人を対象に、直販サイト「ドコモオンラインショップ」と全国のドコモ法人営業部門で販売。また、全国約100店舗のドコモショップで3月末から順次展示する予定だ。

Magic Leap 1は、米Magic Leapが開発したウェアラブルヘッドセットで、日本ではドコモが最初に発売する。価格は公開されていないが、Magic Leapの直販サイトでは2,295ドル(日本円で約25万円)で販売されている。

9つのセンサーで空間認識する、軽量316gのヘッドセット「Lightwear」と、メモリやバッテリーを搭載したプロセッシングユニット「Lightpack」、6方向の動きに対応したコントローラーを組み合わせて使い、空間コンピューティングを利用したコンテンツが楽しめる。モニターがなくてもシームレスにデジタルコンテンツに見て触れることができ、「これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験が可能」だという。

Magic Leap 1を活用した体験コンテンツとして、ドコモと東宝が共同製作したオリジナルXRコンテンツ「Tokyo Godzilla Museum」を用意。1/150スケールで再現された、リアルな「ゴジラに破壊された東京のジオラマ」が、Magic Leap 1を通して見ることで、ゴジラ襲来前の美しい街並みに復元されていく。しかし再生された街中にゴジラが出現し、鑑賞者は大迫力のバトルと予想外の結末を目撃することとなる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。