三菱自動車、軽の新車「ekスペース」発売 - 事前受注5,000台

三菱自動車、軽の新車「ekスペース」発売 - 事前受注5,000台
三菱自動車工業は新型軽自動車「ekスペース/ekクロススペース」を発売した。背が高く、電動スライドドアを備える人気のジャンル「軽スーパーハイトワゴン」に属するクルマで、発売日前日(3月18日)までに約5,000台の受注を獲得しているという。

売れ筋のタイプは?


ekスペースは軽ハイトワゴン「ekワゴン/ekクロス」をベースとするクルマ。フルモデルチェンジは6年ぶりで、新型は2世代目だ。ekワゴンは日産自動車「デイズ」、ekスペースは日産「ルークス」と基本的に同じクルマである。開発は日産、生産は三菱自動車が担当。大きな違いは見た目だが、三菱自動車にはSUVテイストの「ekクロススペース」があるところが特徴だ。

事前受注約5,000台の内訳をみると、比率はekクロススペースが65%、ekスペースが35%となっている。

ボディカラー構成比はekクロススペースがホワイトパール:20%、チタニウムグレーメタリック:15%、オリーブグリーンメタリック/ホワイトソリッド:10%。eKスペースはホワイトパール:20%、スターリングシルバーメタリック:15%、ナチュラルアイボリーメタリック:10%、ミントブルーメタリック/ホワイトパール:10%となっている。

メーカーオプションの装着率を割合が高い順に見ていくと、「先進安全パッケージ」(デジタルルームミラー、マルチアラウンドモニター):60%、「先進快適パッケージ」(マイパイロット、電動パーキングブレーキ):45%、「運転席側ハンズフリーオートスライドドア」:30%という結果だった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。