危険運転の被害に遭ったことがある人は、なんと6割近くに

危険運転の被害に遭ったことがある人は、なんと6割近くに
       
昨年来、危険なあおり運転に対する注目が高まっている。危険運転による悲惨な事故や暴力行為の数々が、ドライブレコーダーに残された映像とともに報道され、社会問題化した結果だ。

世論の高まりを受け、この3月3日には「あおり運転」を新たに規定して、酒気帯びや酒酔い運転並みに厳しい罰則を設けた道路交通法改正案が、閣議決定された。今国会で成立すれば、夏までに実施される予定だ。今回は、マイナビニュース会員303人にアンケートを実施し、「あおり運転など、危険運転についての経験」を聞いた。

Q.あおり運転など、危険運転の被害に遭ったことはありますか?

「はい」(56.2%)
「いいえ」(43.8%)

Q.どのような危険運転の被害に遭ったことがありますか?(複数選択可)

1位「背後からあおられ挑発・追跡された」(50.3%)
2位「パッシングされた」(39.3%)
3位「幅寄せされた」(32.4%)
4位「不必要な急ブレーキをかけられた」(28.3%)
5位「左車線からの急な追い越しをされた」(27.2%)
6位「必要のないハイビームをされた」(26.6%)
7位「執拗にクラクションを鳴らされた」(26.0%)
8位「暴言を吐かれた」(16.8%)
9位「物を投げられた」(5.8%)
10位「その他」(2.9%)

Q.どのような状況のときに危険運転の被害に遭いましたか?(複数選択可)

1位「思い当たることがない」(43.4%)
2位「車線変更をしたとき」(25.4%)

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。