中古車のガリバー、クルマのドライブスルー査定を開始

中古車のガリバー、クルマのドライブスルー査定を開始
中古車のガリバーを運営するIDOMは、ドライブスルー形式でクルマを査定する「ガリバー ドライブスルー査定」を開始する。場所は香川県高松市のガリバー高松中央通り店で、サービス開始は4月28日。査定額は約3分でモニターに表示されるという。

独自開発のAIを活用


ドライブスルー査定はクルマに乗って査定ステーションを訪れ、設置されたマイクに向かってクルーに話しかけると、ガリバーが独自開発したAIによる査定を受けられるというサービス。査定を受けるには車検証が必要になる。新型コロナウイルスの感染が拡大しているが、これならクルマの査定がすべて非対面で済ませられる。査定の結果はLINEに保存することが可能。クルーに売却などについて相談することもできる。

査定に使うAIは、クルマの査定アプリ「ガリバーオート」に組み込まれているものだ。このアプリを使えば、スマホでクルマの写真を撮り、いくつかの質問に答えるだけで査定額が分かる。

では、スマホで査定が済ませられるのに、なぜガリバーはドライブスルー査定というリアルな場所を用意しようと考えたのか。IDOMによると、その場でスタッフによる対応が可能であるところがドライブスルー査定のポイントなのだそうだ。ドライブスルー査定よりも査定アプリの方が気軽で手軽なのは間違いないが、クルマを売るのと洋服を売るのとでは事の重大さが違うので、やはり、非対面ではあっても人との対話が可能な点で、ドライブスルー査定の方が安心感は高いのかもしれない。ただ、査定ステーションは高松の1カ所だけなので、気軽に出かけられる人が限られていることはいうまでもないだろう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。