【特集】自動車メーカーのコロナとその後 第5回 米国一本足打法のスバル、2020年度がコロナ対応の正念場に

【特集】自動車メーカーのコロナとその後 第5回 米国一本足打法のスバル、2020年度がコロナ対応の正念場に
SUBARU(スバル)の2020年3月期(2019年度)連結決算は売上高3兆3,341億円(前期比6%増)、営業利益2,103億円(同15.7%増)で2期ぶりの増収、4期ぶりの増益となった。自動車各社が新型コロナウイルス感染拡大の影響で厳しい業績となっているのに対し、世界販売の7割が北米のスバルでは、2019年度のコロナの影響が軽微にとどまった。

米国市場の減速で今期は厳しい情勢


2019年度の連結販売台数は前期比3.3%増の103万3,900台(そのうち米国市場は70万台強)。スバルの中村知美社長は決算発表の電話会見で「2019年度の連結業績は、世界販売が米国を中心に伸びて増収増益となったが、米国の自動車市場へのコロナの影響は3月中旬以降になったことから減速を最小限にとどめることができた。だが、むしろ今期(2021年3月期、2020年度)が大変な影響を受けることになる」との見方を示した。

スバルのグローバル販売において、北米は最大の市場だ。そういった姿を「米国一本足打法」といわれることもあるほどである。それだけに、コロナウイルスの感染拡大による米国市場の動向は気になるところだ。

新型コロナウイルスの感染者数が世界最多となっている米国では、コロナの影響による自動車市場の減速が2020年3月中旬から表面化し、4月以降の米国市場は「半減」しているとのこと。中村社長は「コロナ収束の見通しは不透明で、今期の業績予想の算定は現状で困難であり未定」とする。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。