犬・猫飼育者に聞いた、2019年のペット関連支出はいくら?

犬・猫飼育者に聞いた、2019年のペット関連支出はいくら?
アイペット損害保険は5月19日、犬・猫(以下、ペット)飼育者を対象としたペットの支出に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は2020年3月30日~4月6日、有効回答は1,025人。

犬飼育者「5万円以上~10万円未満」、猫飼育者「5万円未満」最多


2019年におけるペット関連の合計支出を尋ねると、犬飼育者は「5万円以上~10万円未満」が最も多く37.7%。一方、猫飼育者は「5万円未満」が44.4%で最多となった。

2019年のペット関連支出は前年と比べてどうなったか聞くと、全体では「変わらない」が71.1%に上ったものの、「増えた」との回答も約4人に1人にあたる24.7%(犬飼育者24.0%、猫飼育者25.5%)を占めた。

ペット関連支出が前年より「増えた」と答えた人に、何にかける支出が増えたのか質問すると、「病気やケガの診療費」(同54.5%、同42.8%)がトップ。増えた金額(前年比)については、犬飼育者は「1万円以上~3万円未満」(26.8%)、猫飼育者は「5,000円以上~1万円未満」と「1万円以上~3万円未満」(各25.2%)が最多となった。

年間のペット関連支出の中で一番支出額が大きいと感じるものは、犬飼育者、猫飼育者ともに「病気やケガの診療費」(同39.9%、同46.6%)が1位。2位は、犬飼育者が「予防費用」(27.4%)、猫飼育者が「フード、おやつ」(31.1%)となり、支出傾向の違いがみられた。

ペットが高齢になった際に何に一番お金がかかると思うかとの問いでも、「病気やケガの診療費」との回答が圧倒的に多く、犬飼育者では85.3%、猫飼育者では85.1%に達した。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。