新社会人のお金のキホン、何が起きても困らないために

新社会人のお金のキホン、何が起きても困らないために
       
新型コロナウィルスによって世界経済がストップし、21世紀の世界恐慌ともいわれる厳しい状況の中で社会人としてのスタートをきった2020年度の新入社員。この雰囲気の中では給料をもらえるようになったからといって浮かれた気分になる人も少ないでしょうが、100年に1度レベルの荒波を受けて社会人になったのですから、この経験を糧にしない手はありません。

こんなとき不安を小さくしてくれるのは、何といっても「お金」ということを実感したはず。将来のためにお金とどう付き合えばいいのか、貯まる人になるにはどうすればいいかを考えます。

1. 給与明細の内容をしっかり確認しよう


銀行口座に振り込まれるお金を給料だと思う人も多いようですが、それは大きな間違い。実際に自分が受け取っている給料は、会社が支給した金額から健康保険や年金などの社会保険料、所得税や住民税といった税金を差し引いたもの。この内訳を確認できるのが給与明細です。給与明細をきちんと見なければ自分の本当の給料はわかりません。

下は給与明細の見本です。

書式は会社によって異なりますが、書かれていることはほとんど同じです。大きく分けると、「勤務の状況」「支給の内容」「天引きされる保険料」「天引きされる税金」「会社独自の控除」の項目に分かれています。中でも給与の仕組みを知るためにきちんと理解しておきたいのが、保険料と税金です。それぞれについて簡単に説明します。

健康保険: 入社すると、ほとんどの場合、その会社が加入している健康保険組合に入ります。保険料は会社と自分で折半するので、給与明細に記載されているのは自己負担分の半額です。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。