富士通、親指シフトキーボードを終息「優位性を訴求できない状況続いた」

富士通、親指シフトキーボードを終息「優位性を訴求できない状況続いた」
富士通は5月19日、親指シフトキーボードおよび、日本語ワープロソフト「OASYS」など関連製品の販売・サポートを終了すると発表した。

同社は40年前の1980年5月に日本語ワードプロセッサ「OASYS100」を発表して以来、親指シフトキーボードおよび日本語ワープロ・入力ソフト製品を提供してきた。しかし、JIS配列キーボードがデファクトスタンダードとなり、親指シフトの機能優位性を十分に訴求できない状況が続いていたという。

事業継続のため、業務効率化や商品の価格アップなどの施策を講じてきたが、今回、「やむなく、親指シフト関連商品の販売・サポートの終了を決定した」と説明した。

販売やサポートを終了するのは、次の製品。個人向け製品の場合、キーボードは2021年5月に、日本語ワープロ・入力ソフトは2020年9月に販売を終了する。

親指シフトキーボード(PS/2接続) FMV-KB613
親指シフトキーボード(USB接続) FMV-KB232
LIFEBOOK親指シフトキーボードモデル FMCKBD09H
OASYS V10.0 B5140XD0C
Japanist 10 B514C081C

日本語ワープロソフト「OASYS」シリーズ最新版「OASYS V10.0」は、個人向けには2020年9月30日で販売を終了し、3年後となる2023年9月30日にサポートを終了する。法人向けでは2021年5月31日に販売を終了し、2024年5月31日にサポートを終了する。

また、日本語入力ソフト「Japanist 10」も2020年9月30日で販売を終了する。サポート終了日は2026年6月30日だが、2024年6月以降は事例ベースのサポートとし、新規の障害調査 / 修正提供は行わない。法人向けの場合、2021年5月31日に販売終了し、2024年5月31日にサポートを終了する。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。