ソニーが新BRAVIA「A8H」発売を6月27日に延期

記事まとめ

  • ソニーは4K有機ELテレビ「BRAVIA A8H」シリーズの発売を延期。
  • 6月6日だったが、6月27日になる。
  • 同機は2019年発売の「A8G」シリーズの後継モデル。

ソニー、新BRAVIA「A8H」発売を6月27日に延期

ソニー、新BRAVIA「A8H」発売を6月27日に延期
ソニーは、スタンダードクラスの4K有機ELテレビ「BRAVIA A8H」シリーズの発売を、当初予定していた6月6日から6月27日に延期した。

2019年発売の「A8G」シリーズの後継モデルで、“ソニー有機ELの高画音質をより身近にする、上質なスタンダードモデル”と訴求。65V / 55V型の2サイズを用意し、店頭価格(税別)は、65V型が42万円前後、55V型が28万円前後を見込む。

新たに、最上位の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を採用したほか、動きの早い映像をくっきりと描き出す「X-Motion Clarity」を搭載したことでスポーツなどの速い動きに強くなり、“MASTER”モデルである上位シリーズ「A9G」シリーズを上回る動画応答性能を実現したという。また、サブウーファーを2基搭載して低音域の強化も図った。

なお、ソニーは液晶BRAVIAの最上位「X9500H」シリーズの55V型モデル(KJ-55X9500H)についても、当初予定していた5月23日から発売を延期。新たな発売日は6月13日となっている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。