次世代移動通信システム「5G」とは 第17回 ソフトバンクが打ち出した「プライベート5G」は「ローカル5G」と何が違うのか

次世代移動通信システム「5G」とは 第17回 ソフトバンクが打ち出した「プライベート5G」は「ローカル5G」と何が違うのか
ソフトバンクは2020年5月20日、「プライベート5G」を2022年より提供することを発表しました。ソフトバンクに割り当てられた5Gの周波数帯を活用し、ローカル5Gのように場所を限定して5Gのネットワークを提供するというもののようですが、ローカル5Gとの違いは一体どこにあるのでしょうか。
ソフトバンクの電波でエリア限定の5Gを構築

前回、5Gは局所的なエリアをカバーするだけでもビジネスに有効活用できることを説明しましたが、その局所的なエリアに向けたサービスに関して、新たな取り組みを打ち出したのがソフトバンクです。

同社は2020年5月20日に法人事業の説明会を実施し、新たに「プライベート5G」を提供することを発表しました。これは携帯電話会社が広域でエリアを整備する「パブリック5G」と、それ以外の企業や自治体が限られたエリア内において、自営で5Gネットワークを運用する「ローカル5G」の中間的存在になると、同社は説明しています。

具体的に仕組みを説明しますと、企業が5Gネットワークの活用を必要としている敷地内に対し、ソフトバンクが自社に割り当てられている5Gの周波数帯を用いて敷地内限定のネットワークを構築・運用するものになるとのこと。ソフトバンクのリソースを用いたローカル5Gともいうべきサービスといえそうです。

それゆえローカル5Gとの決定的な違いは、電波免許の取得やネットワークの構築・運用を、5Gを導入する企業が直接手掛けるのか、ソフトバンクに任せるのかという点になります。モバイルネットワークの構築や運用に関するノウハウを持っておらず、ローカル5Gの導入に不安を抱いている企業は少なからず存在すると思うので、その部分を実績のあるソフトバンクに任せられるのが最大のメリットといえるでしょう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。