【特集】自動車メーカーのコロナとその後 第9回 90年代末以来の大赤字を計上した日産、内田新体制は苦難の道のり

【特集】自動車メーカーのコロナとその後 第9回 90年代末以来の大赤字を計上した日産、内田新体制は苦難の道のり
       
リーマンショック直後の2009年3月期以来となる11年ぶりの最終赤字を計上した日産自動車。最終損益で6,712億円という巨額の赤字は、1999年代末の規模に迫る。業績悪化の主因はコロナではなく、同社の構造そのものにありそうだ。内田誠新体制にとってはこの1~2年が正念場となる。

拡大路線と決別


日産自動車は上場自動車メーカーのしんがりとして、5月28日に2020年3月期(2019年度)連結決算を発表した。昨年12月に就任した内田誠社長兼CEOのほか、アシュワニ・クプタCOO、スティーブン・マーCFOが新たな日産経営首脳としてオンライン会見に臨んだ。

長く日産のトップとして君臨したカルロス・ゴーン元会長が逮捕されたのが2018年11月。その後の日産は迷走を続け、2019年度の最終損益は6,712億円の大幅赤字となった。最終赤字はリーマンショック直後の2009年3月期以来の11年ぶりとなるが、その金額は1999年度の6,843億円に迫るもので、損益は20年ぶりの低水準となった。

日産の世界販売は493万台(前期比10.6%減)と500万台を割った。米国での販売低迷に新型コロナウイルス感染拡大の影響が追い打ちをかけた格好で、世界の各市場で台数を減らした。これにより、売上高は9兆789億円(前期比14.6%減)、営業利益は405億円の赤字、最終純損益の赤字は6,712億円にふくらんだ。最終損益で赤字幅が大きくなったのは「今期からの構造改革費用および減損も計上した」(内田社長)ことによる。期末配当もゼロとなる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。