昨年6月の熱中症は大阪が最多! わずか15分で車内熱中症の危険あり - JAF大阪

昨年6月の熱中症は大阪が最多! わずか15分で車内熱中症の危険あり - JAF大阪
JAF(一般社団法人日本自動車連盟)大阪支部では、気温と湿度が上昇する6月を前に、車内熱中症の危険性を呼びかけている。

総務省消防庁によると、昨年の6月に熱中症で緊急搬送された人は4,151名だった。中でも大阪府は、全国最多の283名が緊急搬送されていた。また、昨年の5月1日~9月30日の間に緊急搬送された人は、大阪府内だけでも5,182名にのぼる。

JAFが実施したユーザーテストでは、軽ワゴン車より大型SUV車の方が車内温度とダッシュボードの温度が高くなること、同じ車両で同じ気温なら、湿度が高いクルマの方が熱中症になりやすいことがわかった。

さらに別途実施した車内温度の検証テストによると、気温35℃の屋外に駐車した車内の熱中症指数(WBGT)は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達した。クルマを日陰に駐車していたとしてもその車内温度の差はわずか約7度で、駐車場所にかかわらず外気温が高温である場合は注意が必要だ。

JAF大阪では、車内熱中症を防ぐためにも、まだ6月だから大丈夫と考えるのではなく、こまめな水分補給や冷房の利用など、真夏の屋外で行動する時と同じぐらい注意することが必要、と呼びかけている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「総務省 + 家計調査」のおすすめ記事

「総務省 + 家計調査」のおすすめ記事をもっと見る

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月1日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。