年金にも税金がかかる? 税額を小さくするには?

年金にも税金がかかる? 税額を小さくするには?
       
年金の受け取り時期が近くなると、どのように年金を受け取るのが良いか、気になる人は多いのではないでしょうか。受け取り方によって税額は大きく異なります。まずは、年金にかかる所得税の基本的な仕組みについて理解しておきましょう。

公的年金等に税金がかかる仕組み


年金といっても様々な種類があります。国からもらえる年金はもちろん、企業が従業員のために支給する企業年金、自分で保険契約を結んでいる個人年金など、様々です。そして、税金の仕組みも年金によって異なります。

しかし、最も多くの人に共通する年金は国の年金でしょう。国の年金にも税金はかかりますが、税制優遇制度があります。それは、「公的年金等控除」といって、収入から一定額を差し引ける仕組みです。

この仕組みによって、本来の収入より低い金額で税金を計算できるようになります。そして、この仕組みを利用できるのは、国の年金だけではありません。公的年金等と呼ばれる年金で利用できます。

公的年金等には、老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金、iDeCoなどがあります。税額を計算する際は、これらの年金をすべて合算してから、公的年金等控除を差し引きます。収入が公的年金等だけの場合は、その後に、所得控除を差し引き、税率をかけて求めます。

では、具体的に所得税の算出方法を確認していきましょう。

A : 公的年金等 ー 公的年金等控除額 = 所得
B : (所得 ー 所得控除額) × 税率 = 所得税

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。