新型コロナ関連経営破たん 全国で197件発生に

記事まとめ

  • 東京商工リサーチは「新型コロナウイルス」関連倒産状況を発表。
  • 経営破たんは全国で197件に上り、200件が目前に迫っている。
  • 4月は84件、5月も83件発生している。

新型コロナ関連経営破たん、全国で197件発生 - 200件が目前に迫る

新型コロナ関連経営破たん、全国で197件発生 - 200件が目前に迫る
拡大する(全1枚)
東京商工リサーチは6月1日、「新型コロナウイルス」関連倒産状況(6月1日17時現在)を発表した。それによると、「新型コロナ」関連の経営破たんは全国で197件(倒産139件、弁護士一任・準備中58件)に上り、200件が目前に迫っていることがわかった。

5月は83件発生


新型コロナ関連の経営破たんは、2月2件、3月23件から、4月は84件に急増。5月も83件発生し、6月1日は17時までに5件確認された。

都道府県別にみると、42都道府県で発生。このうち、最も多いのは東京都の42件(倒産37件、準備中5件)で、唯一の40件台となった。以下、大阪府17件(同10件、同7件)、北海道16件(同14件、同2件)、静岡県11件、兵庫県10件と、5都道府県で10件を超え、空白県は福井県和歌山県鳥取県高知県長崎県の5県のみだった。

業種別では、宿泊業が33件(同24件、同9件)で最多。インバウンド需要の消失や国内旅行・出張の自粛でキャンセルが続いたという。次いで外出自粛の影響を受けた飲食業が31件(同18件、同13件)、百貨店や小売店の臨時休業が響いたアパレル関連が24件(同16件、同8件)と、個人消費に関連する業種が上位に並んだ。この他、休校やイベント休止などにより食品製造業も16件発生した。

同調査では、「新型コロナ感染拡大で事業活動が制限され、毀損した売上が回復するには時間が掛かる。さらに、事業再開には仕入資金や人件費などの立ち上げ資金が欠かせず、手元資金が乏しい小・零細企業・商店が、本格的な営業に至るまでには一時的な立替資金も発生する」と指摘。その上で、「政府の各種資金繰り支援策や助成金だけでなく、民間金融機関での返済猶予や経営指導など、長期的に企業に寄り添った支援が求められる」としている。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。