都内を含むアップルストアが全店再開、賑やかな雰囲気はなし

都内を含むアップルストアが全店再開、賑やかな雰囲気はなし
東京都内を含む全国のアップルストアが6月3日、再オープンしました。3月下旬に一斉休業してから臨時閉店が続いてきましたが、待望の再開となります。店内には多くのスタッフが待機しているものの、一度に入店できる顧客の数を大幅に絞っており、アップルストアらしい賑やかな雰囲気を消した再オープンとなりました。

6月3日に再開したのは銀座、京都、丸の内、心斎橋、川崎、新宿、渋谷、表参道の8店舗。営業時間は12~20時に短縮されています。入店にあたっては、咳や発熱などの症状がないかどうか、新型コロナウイルスの感染者と接触していないかなどの質問が寄せられるほか、店頭で検温も実施します。

店内はこれまでと同様に多くの展示機が用意され、一見すると変化がないように感じますが、ソーシャルディスタンスをしっかり確保するお店づくりになっていました。店内の展示品コーナーには「2メートルの間隔を空けてお並びください」と書かれた札が置かれ、床には立ち位置の目安となるテープが張られています。

さらに、店内に入店できる人数をかなり絞っているようにも見受けられました。旗艦店のApple 表参道では、来店予約をしている人としていない人で並ぶ列が分けられ、予約済みの人を優先して入店させていました。予約のない人は店内の客がある程度少なくなるまで列で待機しているようで、状況によってはしばらく待つ必要がありそう。もし来店するならば、事前の来店予約は必須といえます。

対面でしっかりとした購入相談をしたい、iPhone SEの購入に合わせて古い端末を下取りに出したい、といった理由がなければ、基本はオンラインで利用できるサービスを利用するのがベターだと感じました。

なお、アップルストアの再開に合わせ、新しいアップル製品を購入する際に利用できる下取りサービス「Apple Trade In」の金額が更新されました。iPhone 8は16,000円、iPhone 8 Plusは23,000円と、iPhoneはなかなか意欲的な下取り価格が設定されています。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。