2020年の年金改革、どんな人が得をする?

2020年の年金改革、どんな人が得をする?
       
人生100年時代に大きな影響を及ぼすのが「年金」です。2020年3月に閣議決定した年金改革法案では、公的年金制度について大きく3つの改正のポイントがありました。これまでの制度と何が変わるのか、変わったことでどのようなメリットがあるのか、わかりやすく解説します。

ポイント1.受給開始時期の選択肢が拡大


公的年金制度の改正ポイントの1つ目として挙げられるのが「受給開始時期の選択肢の拡大」です。

今まで、年金の受給開始は60歳から70歳の間で選ぶことができました。原則65歳ですが、65歳前に繰り上げて受給すると年金額が減額され、66歳以降に繰下げて受給すると年金額が増額される仕組みになっています。

今回の改正で、この繰下げ受給が75歳まで延長されます。つまり、60歳から75歳の間で年金の受給開始の時期を選べるようになるわけです。

繰上げ受給は、0.5%×繰り上げた月数分減額され、最大となる60歳から受給を開始すると、30%減額され、この減額率が一生続きます。

一方、繰下げ受給は、0.7%×繰下げた月数分増額され、最大となる75歳まで繰下げると84%増額となり、この増額率が一生続きます。

例えば、本来は受給月額15万円の年金だった人が75歳受取りにすると27.6万円となり、以後この額をずっともらえることになります。

このように考えると、後ろ倒しにすればするほど、得をするように思えますが、自分が何歳まで生きるのかわからない以上、正解は出ません。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。