羽田空港、感染症の拡大防止として自動運転パーソナルモビリティを導入

羽田空港、感染症の拡大防止として自動運転パーソナルモビリティを導入
       
WHILLは6月8日、羽田空港第1ターミナル内において、感染症拡大防止とSocial Distancing対策として、WHILL自動運転システム導入が決定したことを発表した。

同社では2019年以降、空港での実証実験を世界で実施。延べ11回、通算400名近いユーザーや空港関係者の利用を踏まえ、同社の提供するパーソナルモビリティの自動運転技術の精度向上やユーザビリティのブラッシュアップ、空港オペレーションとの親和性の確認などを行ってきたという。

今回の羽田空港第1ターミナルでの導入は、長距離の歩行に不安を感じられる車いすなどを活用する空港利用者に対し、介助スタッフとの近距離での接触による感染拡大リスクの軽減を図ることを目的としたものとなる。導入場所は羽田空港第1ターミナル ゲートエリア内(保安検査場B近くに設けられた待機場所「WHILL Station」から3~7番ゲートまで)で、利用者を搭乗口まで自動運転で送り届け、その後、無人運転で待機場所に戻ってくる仕組みとなっている。

なお同社では、利用対象者を「羽田空港第1ターミナルに到着され、長距離の歩行に不安を感じられるお客さまで、かつ、当該システムのご利用を希望されるお客様」と説明しており、今後は、世界的な感染拡大防止のニーズに応えるべく、国内外の空港、施設での早期導入を目指していきたいとしている。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月8日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。