Windows Insider Preview、リング制から品質重視の「チャネル」リリースに変更

Windows Insider Preview、リング制から品質重視の「チャネル」リリースに変更
米Microsoftは6月15日(現地時間)、「Introducing Windows Insider Channels」と題して、同社が提供する開発プレビュープログラム「Insider Preview」に新しく加えられる変更点について公開した。Windows 10やOfficeなどのInsider Previewの提供方法を、従来のビルド頻度に基づく「リング」から、ビルド品質を重視した「チャネル」に変更するなど刷新する。

同プログラムはMicrosoftアカウントを登録してOSの"設定"画面から参加できる他、配布されるOSのディスクイメージからクリーンインストールして参加することも可能。Insider Previewの開発ビルドはこれまで、アップデートのリリース頻度と安定性レベルを基準に定義する「リング」によって運用されてきた。

一方同社は2019年のInsider Previewから徐々に当初の運用方法を変更。もともと単一の製品リリースから配信されていたリングが、複数のWindows 10開発ブランチからそれぞれにリングが配信されるようになったことで、リングのもともとのコンセプトが古くなってきていることに気づいたという。プログラム参加者からの品質向上へのニーズも高まっており、今回の刷新へとつながった。

今回の発表で、ビルドの頻度に基づいたこれまでのリングモデルから、新たにビルドの品質を重視しつつ、並行してコーディング作業が可能なチャンネルモデルに移行。ファーストリングやスローリングといったリングモデルは廃止され、それぞれ「Fast/Skip Ahead」リングが「Dev Channel」(開発チャネル)に、「Slow」リングが「Beta Channel」(ベータ版チャネル)に、「Release Preview」リングが「Release Preview Channnel」(製品版プレビューチャネル)に変更される。

同社は、Insider Previewのプログラム参加者がどのチャンネルを選択したとしても、頻繁なアップデートの受信は保証されると説明している。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。