名車と暮らせば~メルセデス「S124」との悲喜こもごも~ 第2回 名車あるある? 「S124」は購入価格と維持費がほぼ一緒!

名車と暮らせば~メルセデス「S124」との悲喜こもごも~ 第2回 名車あるある? 「S124」は購入価格と維持費がほぼ一緒!
自動車ライターの原アキラさんに名車・メルセデス「S124」と暮らす日々の悲喜こもごもを聞かせてもらう本連載。2回目となる今回は、名車に乗っていることによるメリットと、少し古いクルマゆえに手のかかるS124のメンテナンス事情についてだ。

「S124」はネタになるクルマだった


メルセデス・ベンツの「S124」を所有していて、どんなメリットがあったか。特に、クルマの業界に身を置くものとしては、例えばこんなことがあった。

ちょうど1年前の2019年6月、マツダのコンパクトモデル「MAZDA3」の発表会にて、この美しいクルマのフォルムを担当した同社の土田康剛チーフデザイナーにインタビューした時のこと。一通りの話を聞き終わった時、「マツダが今も研究用に持っていると聞いているメルセデスの124に今も私は乗っているのですが、それからヒントを得た部分はありますか?」と聞いてみたのだ。

すると、土田氏の眼鏡の奥の表情が一気に緩んで「あ、あれカッコいいなー! さすがに、デザイン面でMAZDA3との親和性はありませんが、長い時間を経ても残るタイムレスなものはすばらしいと思っています。“タイムレス”という言葉をキーワードにすれば、MAZDA3と124の共通点が見えてきます」と応じてくれた。

このやり取りを横で聞いていたMAZDA3開発主査の別府耕太氏も、「124のようなオールドスタイルの欧州車の挙動は、人間にとって自然で、楽な動きが実現できていました。MAZDA3はそうした性能を、最新技術を使って実現したのです」と解説してくれた。こんなふうにインタビューや話のきっかけを作る上で、「124」という共通ワードは業界内でもきちんと認識されていて、「もっと話を聞きたい」と思った時の材料としては、最高のネタになるのである。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。