ミニバンがライバル? プジョー「リフター」とはどんなクルマか

ミニバンがライバル? プジョー「リフター」とはどんなクルマか
2020年秋にも日本への本格導入が始まるプジョーのMPV「リフター」。ミニバン、SUV、ワゴンの魅力を1台に詰め込んだトールワゴンスタイルのクルマという触れ込みだが、実際のところ、どんなクルマなのだろうか。日本の道路で試乗して確かめた。

ミニバン、SUV、ワゴンのいいとこ取り?


プジョーは2018年2月のジュネーブショーでマルチ・パーパス・ビークル(MPV=多用途車)のリフターを発表。日本では2019年10月に特別仕様車「Debut Edition」(デビューエディション)を発表し、予約の受け付けを開始した。本格導入は2020年秋を予定している。今回は特別仕様車に試乗してきた。

プジョーの資料によれば、リフターはミニバン、SUV、ワゴンのすべての魅力をクロスオーバーさせたトールワゴンとのことである。競合車種は同じくフランスのルノー「カングー」と想定されるが、リフターはカングーよりもひと回り大きな車体を持つ。具体的には全長4,403mm(カングーに比べ+12.3cm)、全幅1,848mm(同+1.8cm)、全高1,878mm(+6.8cm)だ。

リフターは商用バンをベースに開発したとのことだが、この点もカングーと同様だ。商用バンの使い勝手と、乗用車としての快適さを併せ持つクルマといえる。

車体の背が高く、後ろがスライドドアとなっていることから、国産車では日産自動車「セレナ」やトヨタ自動車「ノア/ヴォクシー」など、5ナンバー車格のミニバンも競合になるかもしれないが、リフターはミニバンではないので3列目の座席はない。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。