「Firefox 78」安定版公開、延長サポート版のメジャーアップデートも

「Firefox 78」安定版公開、延長サポート版のメジャーアップデートも
米Mozillaは6月30日 (現地時間)、Webブラウザ「Firefox 78」の安定版の提供を開始した。新型コロナウイルスの影響に対処したアップデートから本来の開発ロードマップに戻る変更が始まった。また、バージョン78でFirefox ESR (延長サポート版)のメジャーアップデート (78.0esr)も行われた。

Mozillaは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で在宅勤務や在宅学習が増えていることに対処し、互換性を制限する過去の変更のいくつかを一時的に撤回していたが、Firefox 78でTLS 1.0/1.1対応の廃止を再導入した。TLS 1.2をサポートしていないWebサイトではエラーメッセージが表示される。また、Firefox 79で予定していたDHEベースのTLS CipherSuitesの廃止をFirefox 78に前倒しした。撤回または延期している他の変更についても、社会の再開動向に合わせて戻していく。

その他の新機能や強化は、プライバシー保護ダッシュボードが拡充され、データ漏洩にユーザーが対処した数、保存してるパスワードのいずれかがデータ漏洩に含まれる可能性を確認できるようになった。プライバシー保護ダッシュボードはURLバーに「about:protections」と入力するか、メインメニューの「プライバシー保護」からアクセスする。

Firefoxのアンインストーラに「Firefoxをリフレッシュ」を利用できるオプションが加わった。Firefoxに問題がある場合、完全削除して再インストールしなくても、拡張機能やカスタマイズデータ、ブラウザ設定のリフレッシュによって解決できることがある。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。