そうだったのか! FX大相場の真実 第92回 FX「巣ごもりトレーダー」のための「早わかり」為替相場史・後編

そうだったのか! FX大相場の真実 第92回 FX「巣ごもりトレーダー」のための「早わかり」為替相場史・後編
       
FXの大相場の数々を目撃してきたマネックス証券、マネックス・ユニバーシティ FX学長の吉田恒氏がお届けする「そうだったのか! FX大相場の真実」。連載最終回となる今回は「FX為替相場史」を解説します。

いわゆる「コロナ後」の新生活様式、在宅時間が長くなったことで「巣ごもりトレーダー」が増えているとされます。そんな「巣ごもりトレーダー」でも、20年以上あるFX時代の為替相場の歴史を「早わかり」できるように、これまで連載で書いてきたことを整理してみました。今回はその後編です。

リーマン・ショックを前後して、豪ドル/円は3カ月で約5割暴落した


2008年に起こった「リーマン・ショック」。それを前後して、当時FX投資家から大人気となっていた豪ドル(通称オージー)/円は、約3カ月で1豪ドル=100円台から50円台へ大暴落となりました。「リーマン・ショック」におけるFX界の「大事件」といえる出来事だったでしょう。

リーマン・ショックの株暴落が終了した後も米ドルの下落は止まらず、1米ドル=75円まで続落した


「リーマン・ショック」の株安は、NYダウの場合は2009年3月で終わりました。ところが、反発に向かう株価を尻目に、米ドル/円は下落が続き、ついにはそれまでの戦後円最高値、1米ドル=80円を更新する展開に向かったのです。「リーマン・ショック」を受けた「100年に一度の危機」から脱出するための米国の積極的な金融緩和が、米ドルを下落させる要因になったと見られました。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。