ガソリン車とEVが同額で乗れる? プジョーの新型「208」が登場

ガソリン車とEVが同額で乗れる? プジョーの新型「208」が登場
       
プジョーはBセグメントコンパクトカーの新型「208」を発売した。ガソリンエンジン車は239.9万円~293.2万円、電気自動車(EV)は389.9万円~423万円という価格設定だが、プジョーによれば、月々で割ると両モデルの購入から所有にかかるコストはほぼ同額になるそうだ。

EVの「e-208」は航続距離340キロ


プジョーで最も売れている208が8年ぶりのフルモデルチェンジだ。「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞した新型車が、ついに日本上陸を果たす。ガソリンエンジン車「208」は最高出力100馬力、最大トルク205Nmの1.2Lターボエンジンを搭載。EV「e-208」は最高出力136馬力、最大トルク260Nmで、欧州の燃費試験方法であるWLTPモードによる航続可能距離は340キロだ。

プジョーによれば、ガソリン車とEVはデザイン、装備、スペースの面でほぼ同等な作りになっているとのこと。EVは「特別で高額なクルマ」であり、ガソリン車は「普通のクルマ」だという従来の一般的な位置づけから脱却し、パワーソース以外の魅力を同等に作ることにより、顧客がライフスタイルや好みでクルマを選べるようにするのが同社の目指す新たな提案方法だという。

e-208はリチウムイオンバッテリーを床下に配置。ガソリン車と同じ室内環境を作り出すべく、エアコンにはハイパフォーマンスヒートポンプを採用した。充電ポートは給油口と同じく車体左の後部に付いている。「CHAdeMO」(チャデモ、急速充電)であれば、約50分でバッテリーを80%まで充電することが可能だ。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。