フォークリフトも自動走行の時代へ 加速するAGV/AGFの第4世代技術への移行

フォークリフトも自動走行の時代へ 加速するAGV/AGFの第4世代技術への移行
旧世代の技術が生き残る日本のAGV/AGF市場

「日本は無人搬送車(AGV)や無人搬送フォークリフト(AGF)の新技術採用が遅れている」。そう語るのは、AGVナビソフトを手掛けるフィンランドNavitec Systemのアジア総代理店を務めるリンクス代表取締役の村上慶氏だ。

同氏によれば、AGV/AGFには磁気テープを活用する第1世代、QRコードを活用する第2世代、反射板を活用する第3世代、そして2D SLAMを活用することでどんな場所でも走行できるようにする「Natural Future Navigation(NFN)」をベースとする第4世代の大きく4つの世代に分けられるという(3D SLAMを活用する第5世代に向けた開発も進められている)。しかし、日本の工場などでは第1世代のAGVが活用されており、その稼働率は90%。第2世代~第4世代は10%ほどしかないと見積もられている。一方、欧米では、近年、一気に第2世代以降への世代移行が進んでおり、その比率は50%に達しているという。
物流の変化に合わせて世界中で第4世代への移行が加速

欧米での第2世代以降の新世代への移行を後押ししたのは物流市場の活性化。これまでのAGVの活用の中心は自動車製造をはじめとするFA市場であったが、オンラインショッピングの活況などを背景に猛烈な勢いで物流市場におけるAGV/AGF活用に注目が集まるようになっており、NFNのアルゴリズムを手掛けるNavitecも「ゴールドラッシュ。屋根を突き抜ける勢いで成長している」というほどだという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。